ホーム » デザインにこだわることの大切さ

デザインにこだわることの大切さ

デザインにこだわった内装

住宅を建てる際、建築デザインにこだわらずとも、リビングやキッチン、家電、家具など環境さえ整えば生活を送ることは出来ます。

しかし、デザイン住宅が人気を得る中、細部にまでこだわる人は多く、生活の拠点となる家のデザインこだわることの大切さは、外観以上に重要な部分があります。

統一感を出すために

リビングやキッチン、寝室、各間取りでデザインが違うと、ごちゃごちゃで落ち着かないものです。視線があちこちとさまよい、ストレスを感じてしまうこともあるでしょう。デザインにこだわり統一感を持たせることで、落ち着きのある心地よい空間を演出出来ます。

見た目が良くなるだけじゃない

吹き抜け構造の利点

例えば、建築デザインに吹き抜けを取り入れる方も多いですが、住まいを広々と見せるだけでなく、高い位置からたっぷり光が入りますので、光の入りにくい1階部分にも明るさを確保することが出来ます。

また、中庭を取り入れると、取り囲むすべての部屋に光が届きますし、近隣の視線を気にせずガーデニングを楽しむことも出来ます。

「デザイン」と聞くと、見た目だけが良くなるイメージが大きいですが、細部にこだわりのデザインを取り入れると、暮らしやすさや利便性も断然良くなるのです。

人と人のお付き合い

周りや環境を気にせず、突拍子もない建築デザインを採用してしまうと、景観の問題で周辺住民とのお付き合いに支障が出ることにもなりかねません。実際に住宅を建てる際、景観の不調和によるトラブルは数多く起こっているようです。地域によっては「景観の条例」が定められていますので気をつけましょう。施工・工事が終わったあとに建て直しが必要となると、さらに多額の費用がかさみ大変です。
こだわりを持つにも、環境や景観に調和した建築デザインが求められます。

和歌山で建築デザインのご相談でしたら、アスカ企画をご利用ください。お客様の要望を取り入れつつ、周囲の住環境の風景や見晴らしを考慮し、その土地の特性に合ったデザインコンセプトをご提案しています。まずはお見積り致しますので問い合わせください。店舗デザインに関するご相談もお待ちしています。