ホーム » 家を建てるために知っておきたい基礎知識

家を建てるために知っておきたい基礎知識

理想の家づくりを成功させるために、出来るだけ多くの知識を身につけておいたほうが良いです。こちらでは、家を建てるために知っておきたい基礎知識として、基本的な家づくりの流れや家を建てるために必要な費用をご紹介します。ぜひ押さえておきましょう。

基本的な家づくりの流れ

基本的な家づくりの流れ

まずは、どんな家を建てたいのか家族で話し合い、予算決めや資金計画をまとめておきましょう。ホームページや雑誌で紹介されている住宅デザインなどを見ながら話し合うのも良いです。次は家を建てる土地探しですが、土地をお持ちであれば必要に応じて現地調査・地盤調査などを行ってください。

土地が決まったら依頼先を探しましょう。
家づくりの大切なパートナーですので、慎重にお探しください。それから後、決めた業者とのプランニング・打ち合わせですが、家族との話し合いでまとめた内容をもとに満足がいくまで検討しましょう。さらに、打ち合わせで決まった内容をもとに見積もりが出されますので、しっかりと確認するようにしてください。

見積もりにご満足頂ければ、いよいよ本契約・着工です。
基礎工事を始める前に、工事の安全を祈願する地鎮祭や地縄張りが行われることがあります。工事が進み、家の骨格が出来上がった状態を「上棟」と呼びます。
場所によっては「上棟式」が行われることもあります。様々な公的機関の検査をクリアすれば、お住まいの完成です。鍵を受け取り、引渡しが行われて完了です。

家を建てるために必要な費用

家を建てるために必要な費用

家を建てるために必要な費用は、大きく分けると「本体工事費」「別途工事費」「諸費用」の3種類があります。本体工事費とは、躯体工事・仕上げ工事・設備工事など、建物本体を完成させるために必要な費用のことをいいます。

別途工事費とは、水道管引きこみやガス配管・排水管配管など、本体工事で完成した住宅で人が生活する環境を整えるために必要な工事費用を指します。

最後に諸費用です。工事に関連する費用で、登記費用やローンにかかる費用、引越し費用、税金などを指します。家を建てるとなると、実際の施工費用ばかりに目が行きがちです。こうした諸費用もきちんと考慮し、資金計画を立てましょう。

和歌山のアスカ企画では、ご満足頂ける注文住宅デザインのご提案に努めています。
経験・実績も豊富ですので安心してお任せください。理想の空間インテリアを実現します。注文住宅デザインやリフォームのご提案だけではありません。
車やバイク好きの方の「ほしい」を「ガレージハウスREGA」でカタチにします。まずはお気軽にご相談ください。お待ちしています。